カブの種まき

2/16(木)、まだまだ最低気温0度の日が続くこの日、Hさんたっての希望でカブの種まきをしました。
今年は例年に比べて寒さが厳しく、梅の開花もかなり遅れています。カブの発芽適温は20~25℃(最低温度6~8℃)なので、種まき時期が早すぎる気もするのですが・・・。
画像

タキイの種「スワン」は、消毒し目立つ青色で着色されています。種まきの時は便利ですが、在来種とF1品種の問題とともに、赤ちゃんの時から薬漬けで過保護に守られた種は、人間と同じで抵抗力の弱い野菜になるのではないでしょうか?
この地にあった在来品種を種取りできればいいのですが、アブラナ科は他品種との交配が多いので難しいですね。
画像

すじまきで手際よく種を蒔くHさん。さすがです。
画像

トンネルをかけて寒さよけ。芽が出るといいですね!
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック