テーマ:いきもの

希望の牧場

2/16(土)、「希望の牧場・ふくしま」代表の吉沢正巳さんのお話を聞きました。警戒区域で被爆した350頭の牛たちと共に、自らも原発の生き証人となる覚悟をした吉沢さん。 原発事故からもうすぐ2年になろうとしていますが、脱原発を目指すとした政府の動きが怪しくなってきています。 理屈ではなく倫理として、原因を作った人間が経済至上主義を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカミズアブ

11/15(木)、みんな何をしていると思いますか? じつは、Hさんが挑戦しているダンボールコンポストに、アメリカミズアブが発生したので、それをみんなで一匹ずつ捕まえているのでした! 拡大するとこんな感じ。アメリカミズアブは、生ごみのあるところに必ず飛んできて、卵を産み付ける黒い羽のある虫です。これはその幼虫ですが、ちょっとグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショウガ収穫とアメリカミズアブ

10/25(木)、ショウガを収穫しました。9月始めには新ショウガを金山寺味噌で食べて楽しみ、葉が黄色くなってきた今頃はすり下ろしショウガとして楽しめます。市販のショウガは連作障害しやすいので化学肥料と土壌消毒が欠かせないと聞いています。滋養によいと言われるショウガやニンニクは、ぜひとも無農薬の有機栽培で作ったものをいただきたいものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農業公園構想

10/6(土)、農園付近を散策しました。田んぼの稲刈りは終わりましたが、少し遅めの彼岸花がまだ咲いています。 浅川を下ると、約5分で多摩川と程久保川の3つの川の合流地点があります。このあたりの河川敷は国の河川管理事務所が管理しているのですが、最近個人がコスモスなどの花を植栽して秋はこんな状態になっています。確かにお花畑になってきれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生き物と虹

9/18(火)、用水路にトウキョウダルマガエルを発見!トノサマガエルの亜種なので、そっくりです。 カエルを食べるヤマカガシも発見!体側面の赤い斑点が目印です。この蛇は毒があるので要注意!でもなにもしなければ逃げてくれますのでご安心を。蛇の目はくりっとしててかわいいですね。 夕方に、きれいな虹が空に架かっていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月の作業いろいろ

9/6(木)、新ショウガの収穫です! カブの種まきをしました。法政大学のNくんもお手伝いに来てくれました。(感謝!) 約650坪の畑をたったひとつの耕耘機でフル回転させているせいか、結構あちこちにガタが来ていて、何度も修理や部品交換をしています。今回も動かなくなったので中を見てみると、ベルトが緩んできていたとのこと。幸い交換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然農法の「前嶋農園」を見学

8/20(月)、山梨県笛吹市の前嶋農園に行ってきました。前嶋さんは、30年前から自然農法でブドウや桃を作っていらっしゃいます。残念ながら桃は終わっていましたが・・・。 一見、雑草だらけのように見える桃畑ですが、30年の試行錯誤で「生物間相互作用」を研究された結果の姿です。春先、雑草が枯れていると桃の木に害虫たちが上がってきます。普通は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬の死 その2

7/8(日)、我が家の愛犬「ムギ」が天に召されました。平成12年12月に多摩川の河川敷で拾った野良犬でした。首輪がなく、痩せて目つきが鋭かったのですが、「おいで」と言うとついてきて、お座りもちゃんとできる♀でした。お乳が大きかったので子犬を産んだばかりの母犬だと思うのですが、保健所に連絡しても飼い主の心当たりはつかめず、結局家で飼うこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンゲを緑肥にします

5/13(日)、マメ科のレンゲソウを緑肥にしました。収穫前の植物をそのまま土に鋤込む緑肥には、有機物による土壌の改善効果があります。とりわけ空気中の窒素を固定する根粒菌をもつマメ科植物には、窒素の供給効果も期待されます。 まずは、耕耘機をかけやすくするために、鎌で刈ってゆきます。 生後6ヶ月の赤ちゃんも乳母車で初参加。農作業に励…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みさわ保育園児と農作業

5/8(火)、みさわ保育園児と一緒に農作業。ノラボウの花芽を摘んだ後、根を引っこ抜いてもらいました。 うんとこしょ、どっこいしょ! みんな一生懸命です。 がんばれ~! お次は、ブロッコリーの間の草取り。 前回に引き続いて2回目の草取り。たくさん取ったよ~と、誇らしげに見せてくれる園児たちもいてかわいいですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャガイモの芽かき

5/6(日)、ジャガイモの芽かきと土寄せ作業を行いました。ジャガイモを大きくするために、芽を2本残して摘み取ります。摘み取るとき、種芋を持ち上げないように手で押さえつけるのがコツです。 ジョレンで除草しながら土を根元に寄せ、新じゃがが日光に当たらないように土寄せします。日光に当たると芋が緑色になって味が落ちてしまいます。 レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の農作業いろいろ

4/12(木)、夏野菜の準備時期を迎え、いろいろな作業に大忙しの一日でした。 こちらでは、土に保存しておいた里芋を掘り出して選別しています。 選別した里芋を90cm間隔で土に埋めてゆきます。 キヌサヤの支柱立てを行いました。 少しずつ大きくなってきたキヌサヤです。 ハーブガーデンの草取りも欠かせません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなで作る生物多様性地域戦略

2/4(日)、浜松町にて行われたシンポジウム「みんなで作る生物多様性地域戦略」に参加しました。主催は(財)自然保護協会。10時から17時までの長丁場でしたが、北は北海道から南は沖縄まで会場いっぱいの参加者で賑わっていました。 「生物多様性地域戦略」とは、2008年に制定された「生物多様性基本法」に基づき、生物多様性の面から価値を見いだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬の死

私事ですが、12/8(木)に我が家の家族の一員である愛犬ムック(♀)が13歳で死去しました。約一年間闘病した悪性の腫瘍が直接の原因ですが、ラブラドールレトリバーの平均寿命12歳を超える年齢でしたので、天寿を全うしたと思っています。12/10に禅寺の慈恵院で夫と二人で火葬して見送りました。子犬の時から育てた我が子同然の存在でしたので、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リース作りとカヤネズミ

11/29(火)、落ち葉たい肥からカヤネズミが出てきました。写真の手の大きさと比べてわかるとおり、とっても小さくてかわいかったです! 昼食後、クリスマスリースを作りました。土台は河原に生えているクズの蔓、グリーンはMさんが調達してくれた月桂樹の剪定枝を利用しました。できるだけお金をかけず、その場所にあるものを使用します。 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耕運機の修理

8/25(木)、午前中の生ごみ回収時は雨でしたが、午後の農作業は曇り空のお天気となりました。 購入してから3年間、毎週4~5日は動かしている耕運機の爪がかなりすり減ってきたとのことで、機械に強いMさんたちが分解して調べてくれました。 その結果、爪を全部取り替えたほうがよいとの判断が下され、一度も行ったことのない点検も兼ねて、購入先の機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のガーデンとトンボ

8/4(木)のハーブガーデンの様子です。 ハゲイトウとルドベキアの花がきれいです。 今年初挑戦のバナナピーマンも収穫できるようになりました。種まき時期が遅かったせいか、ちょっと小ぶりです。 でも、肉厚で甘く、軽く焼いて煮浸しにすると最高です! トンボが飛んできました。暦の上ではもうすぐ立秋(8/8)ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチと子ども

7/28(木)、去年のこぼれ種から芽吹いたヒマワリの花が咲き出しました。さっそくミツバチが来て花粉団子をたくさん足にくっつけていました。 バッタを見つけたKちゃん。興味津々で見つめています。何かに夢中になっている子どもの顔はとってもいいですね~。大好きです!! Yさんが手にとって見せてあげると、おそるおそる触れようとするKち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の芽かき作業

5/12(木)は小雨でしたが、生ごみ作業後にトマトの脇芽かきと誘引の作業を行いました。 キュウリが大きくなってきました! トマトも小さな実がなり始めています。収穫が楽しみです! 今日の参加者は7名。普段より静かなせせらぎ農園なので、カルガモが雑草の実を一生懸命ついばんでいる姿が見られました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代のかわいそうなぞう

「かわいそうなぞう」という童話がある。第2次世界大戦中、上野動物園で空襲による猛獣の逃亡を恐れて殺処分された動物たちの物語。ライオンや熊が殺され、残すは象のジョン、トンキー、ワンリー(花子)だけになる。国の命令のため、心ならずも飼育員たちは象に毒の入った餌を与えるが、象たちは毒餌を食べないため殺すことができず、毒を注射しようにも針が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンゲ畑の運命

5/10(火)、レンゲの種がつく前に、耕耘機で土に入れて緑肥にする作業を行いました。 レンゲの花はよい蜜がとれるので、ニホンミツバチをはじめたくさんの虫たちが訪花しています。 ミツバチの足には、花粉団子がいっぱい!まだまだ虫たちのためにレンゲ畑を残しておきたいのですが、今月下旬に植えるサツマイモのために、今から土にすき込んで畑の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミミズの卵

4/17(日)、いつも農園に遊びに来てくれるNちゃんが、友達を連れて作業のお手伝いに来てくれました。 今日は生姜の植え付け作業。落ち葉堆肥を運んでいたら、シマミミズの赤ちゃんがたくさんいるのを発見!「黄色くてレモンのような形の卵(卵胞)があるから見つけてごらん」と言うと、みんな真剣に探し出しました。 すぐにたくさん見つかりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽トラック変身!

これまで、軽トラックで生ごみを回収中に怪訝そうな顔で見られることが多々ありました。そこで、軽トラックに「生ごみは資源です」というメッセージと、「生ごみ回収中」というステッカーを貼りつけることにしました。デザインはいつもお世話になっている八木さんにお願いしてステッカーが完成!さっそく、軽トラックへの貼り付けを、手慣れた工藤さんが行ってくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷暑

8/26(木)の定例作業は、暑いので16時からの作業となりました。今年の夏は酷暑に加えて雨が少ないため、畑はカラカラ状態。そこで今日は、草刈りと共に水やり作業を行いました。 用水路の水をポンプアップして放水します。水道代がかからないため、本当に用水路はありがたいです!この地に用水路を引いた先人たちの智恵と労力に感謝します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水のない用水路

8/22(日)の定例作業日は、用水路の水が流れていませんでした。多摩川の支流である浅川から引かれている向島用水路は、生物多様性を保持するために通年水を流すシステムになっています。しかし、数日前に八王子市で降った大雨の影響で浅川が増水し、大量の水が用水路に流れ込むのを防ぐため、日野市みどりと清流課が用水の取水口を遮断したことが原因のようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜生育状況

せせらぎ農園の野菜たちの様子をお伝えします。里芋は少雨の猛暑にもかかわらず、用水路の水をたっぷりと引き込んで元気に育っています。 トマトは、変形果が多くなり、そろそろ終わりです。今年は甘くておいしいトマトがたっぷりと楽しめました。感謝。 暑さに強いモロヘイヤは、摘んでも摘んでもすくすくと葉をつけてくれています。 ゴーヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グンバイムシ

ヒマワリの葉裏に、小さな虫を発見しました。調べると、「アワダチソウグンバイ」というカメムシの仲間でした。 アメリカ原産で、近年日本に入ってきた帰化種。農薬は使用しないため、見つけたら早めに捕殺したほうが良さそうです。 以下、NHK趣味の園芸ホームページより転載。(http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオダイショウ

なんと、キュウリの支柱の上にアオダイショウが!!6/26日午後3時に林さんが発見してから、ずっとそこにいます…。農園の生態系も生き物いっぱいになってきた証拠でしょうか?うれしい限りですが、恐怖におののくメンバーもいますので、火曜日の定例作業でみんなと観察してから移動してもらう予定で~す。ウフフ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

田んぼの生きもの調査

6/26、「市民による都市農業研究会」主催の田んぼの生きもの調査研修会に、まちの生ごみ活かし隊から加藤さんと佐藤が参加しました。場所は、日野市川辺掘ノ内の伊藤義男さんの田んぼです。「NPO法人生物多様性農業支援センター」原さんの講演のあと、左手にシュガーポット、右手に虫取り網を持って田んぼに入り、どんな生きものがいるのか調べました。久し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の田んぼ

近所の田んぼに水が入ると、さっそく水鳥たちがエサを採りにやってきました。 カルガモ夫婦が、おいしそうに何やら食べています。日が暮れると鳥たちの数も増え、コサギやアオサギも飛来して田んぼの小魚やカエルをとって食べていました。大きなアオサギが近所の田んぼで食事する姿をみられるなんて、日野の自然はまだまだ捨てたものではありませんね。話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more