テーマ:都市農業

農業体験農園相談会

2/23(土)、日野市で生産緑地を耕作することが難しい、農地を経営として有効に使いたい・・・などの悩みを持つ農家を対象に、「農業体験農園相談会」を開催しました。相談者が来るかなあと心配していたのですが、予想以上の8名が参加。アドバイザーのNPO全国農業体験農園協会理事長の加藤義松さん、市内で体験農園を開設されている3名の農家、日野市職員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食文化料理講習会の企画会議

2/18(月)、日野産元気野菜を使って、日野の女性の手で、本物の発酵食品や保存方法など、昔ながらの地産地消に根ざした身体を元気にする食文化を伝えたいと、石坂ファームの石坂昌子さん、NPO法人めぐみの山本徹さん、まちの生ごみ活かし隊メンバー有志が結集しました~。 この日は第一回の企画会議でしたが、昨年できたファーマーズセンターを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

用水路の補修

2/1(金)、昨日、用水路のごみを取ろうとしたメンバーが、老朽化していた木杭が原因で川に落ちてケガをしてしまいました。せせらぎ農園を流れる用水路はコンクリートではなく、自然に優しい木で土固めをしています。 幸いたいしたケガではなかったのですが、市に連絡したところ、翌日すぐに緑と清流課の職員が補修に来てくださいました。手際よく固い地盤に杭…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

NPO法人グリーンサンクチュアリ悠

1/28(月)、立川市の「NPO法人グリーンサンクチュアリ悠」のフィールドを訪れ、メンバーのみなさんと交流しました。代表の岸中友子さんは、「心の通う、緑豊かな健康都市立川」というスローガンを掲げて1975年から12年間立川市長をされた方の奥様。その意志を継ぎ、NPOを立ち上げて自宅周辺の雑木林と庭をNPOに寄付され、仲間と共に維持管理を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

都市農地と健康作り

1/26(土)、市民による都市農業研究会主催の勉強会を開催しました。今回のテーマは「都市農地と健康作り」で、講師は(財)パブリックヘルスリサーチセンターの浜崎伸夫さん。 浜崎さんは、なんと同じ長崎出身で日野市在住の方!石坂さんにご紹介いただいて初めてお会いした打合せの時から意気投合し、都心に近い日野市に、農作業と本物の食を通して健康作…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

都市農業シンポジウム

1/19(土)、日野市都市農業シンポジウムが開催されました。今回のテーマはズバリ、「広めよう!農業体験農園」。市民による都市農業研究会では、昨年末に市内三つの農業体験農園のアンケートをとり、今年は農業体験農園を広げることを目標のひとつにしています。そこで今年のシンポジウムの中でアンケート結果を発表することになりました。 基調講演は、都…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

やぼろじガーデンパーティー

12/16(日)、国立市のやぼろじガーデンパーティーに、せせらぎ農園メンバー5名で参加しました。ここは以前、診療所だった古民家をリフォームして、レストランやハーブガーデンにしている素敵なところです。 おいしいコーヒーや園芸グッズなども販売していました。 安全・安心な食材やたべものが、所狭しと販売されていました。 手作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都農業用水シンポジウム

12/5(水)、東京都農業用水シンポジウムに参加しました。基調講演は東京農工大学大学院 千賀裕太郎教授。 人間とは何かを考えながら、都市の子どもには水や川や自然とふれあえる場所が大切とのお話がありました。印象に残った話をいくつか・・・ ●ハツカネズミ乳幼児期(生後23日目)の、生育環境における生存率=木85%、鉄41%、コンクリート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石坂ファームハウス

11/25(日)、日野市の体験農園のひとつ、石坂ファームハウスにお邪魔しました。「市民による都市農業研究会」では、市内に3つある農業体験農園のアンケート調査を行ったのですが、そのまとめの報告に伺った次第。岸野農園と同じく、みなさん餅つきで交流をされているところでした。 お餅をたくさんご馳走になった後、アンケート結果をお渡しして1/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツカン里川文化塾

11/10(土)、ミツカン水の文化センター 第9回里川文化塾 「水の郷・日野を歩く~用水路を活かしたまちづくり~」が開催されました。参加者は30名。午前中の講義の後、午後は向島用水路をたどってまちあるきを行いました。私もガイドの一人として参加者を案内しましたが、改めて日野の良さを知る機会となりました。写真は、向島用水を使って田んぼを維持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岸野農園

11/3(土)、日野市の体験農園のひとつ、岸野農園にお邪魔しました。「市民による都市農業研究会」では、市内に3つある農業体験農園のアンケート調査を行ったのですが、そのまとめの報告に伺った次第。ちょうどみなさんが餅つきで交流をされているところでした。 この体験農園は、区画整理事業で移転する予定なのですが、みなさん立派な野菜を作られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野市ファーマーズセンター開所式

10/13(土)、日野市にファーマーズセンターが開所しました。農業者と市民の交流の場を目的としていますが、生ごみ堆肥化施設計画が取りやめとなり、紆余曲折して地区センターを兼ね備えた施設となったファーマーズセンターだそうです。 多摩産材を使用し、太陽光パネルも取り付けた木の香りのする和風の施設です。 入口はカフェと直売所になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農業公園構想

10/6(土)、農園付近を散策しました。田んぼの稲刈りは終わりましたが、少し遅めの彼岸花がまだ咲いています。 浅川を下ると、約5分で多摩川と程久保川の3つの川の合流地点があります。このあたりの河川敷は国の河川管理事務所が管理しているのですが、最近個人がコスモスなどの花を植栽して秋はこんな状態になっています。確かにお花畑になってきれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリーとキャベツの苗定植

8/16(木)夕方、用水路の水をポンプアップして水やりを行いました。まったく雨が降らないため畑はカラカラです。朝は、早起きのKさんたちが朝5時ごろから水やりを行ってくださっているので助かっています。 今日はキャベツとブロッコリーの苗の定植を行いましたが、Hさんが効率的に苗の穴に水をたっぷりかける方法を教えてくださいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島のこども達に野菜を提供

8/5(日)、「福島こども支援・八王子」の関係者がせせらぎ農園に来られました。 みなさんは明日6日~9日の3泊4日、福島県に住む親子45名を対象に、「大地沢青少年センター」で「親子で八王子体感合宿」を企画されています。 日頃不安な生活を強いられている福島の親子に、少しでも安心できる地元の食材を提供したいと、今回知人の紹介でせせらぎ農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「横浜みどり税」活用現場の見学

8/1(水)、横浜市青葉区田奈駅周辺の、農地を守る取り組み現場を見学する企画があり、参加しました。横浜市は、「横浜みどりアップ計画」を進めていますが、その財源確保として、「横浜みどり税」(市民一人あたり年900円。法人と併せて年平均24億円の税収)を平成21年度から5年間実施しています。この田奈地区ではその財源を基に、①10年間の水稲作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立市の農あるまちづくりの見学

7/14(日)、市民による都市農業研究会主催の企画で、平成23年に国立市が策定した「都市と農業が共生するまちづくりモデルプラン」の事業実施計画(平成24年~26年)の舞台を歩き、すでに先進的な事業を展開されている5人のみなさんにお話を伺いました。参加者は18名。 JR谷保駅から徒歩約5分の「コミュニティガーデンみんな畑」(野の暮らし:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京農工大学生来訪

7/13(土)、東京農工大学 環境リーダー育成センターの授業の一環として、先生と学生たちがせせらぎ農園を来訪しました。中国の留学生が半分以上とのことでしたが、みなさん熱心に話を聞き、質問されていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区画整理予定地

7/4(水)、区画整理が進む川辺堀之内地区の田んぼを見学しました。この場所は、半年前まで美しい田んぼだった場所です。区画整理事業が入ることで保留地となり、耕すことなく放置されて草ぼうぼうの荒れ地になってしまいました。田畑の美しい景観は、長年農家の方々の手と汗で守られてきました。高齢化と後継者不足の農家に代わり、市民が農の景観を創り出す当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅とカモミール

6/8(金)、まこっちゃんにいただいた梅です。近隣の耕作放棄地で使われていない梅の木で実ったものです。地主さんが高齢化し、活用されない梅の実が増えています。もったいないですね。 カモミールを干して、花のない季節のカモミールティー用にします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石ふるいと野菜たちの様子

11/17(木)、道路脇の空き地の石ふるいをして、水仙の球根とヤグルマソウとタチアオイを植え付けました。今日は、上野原で野菜作りをされている方たち3名が見学に来られました。 出てきた石の山です。 石をふるったらこんなによい土になりました。ここに腐葉土と牛糞を入れて土作りします。 水仙の球根を植え付けてゆきます。春が楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大豆の収穫

11/8(火)、大豆の収穫をしました。 右奥の青糸在来(埼玉県小川町産)の方はまだ少し緑色の葉が残っています。手前は代々種取りしている在来品種です。 去年よりも約1週間早い収穫です。 はざかけして天日干しします。 サツマイモ収穫後に種まきしたレンゲの芽が出てきました。今年もきれいに咲いて、ミツバチたちにおいしい蜜を提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマネギの定植と野菜の生育状況

11/1(火)、タマネギの定植をしました。 赤タマネギ840本、白タマネギ840本。マルチの穴に1本ずつ植え付けます。 しばらく雨が降らないようなので、水をかけて終了! 長ネギが大きくなってきました。霜が降りておいしくなるまで収穫はおあずけです。 大根も大きくなってきました。 コウサイタイも楽しみです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児と枝豆

10/4(火)、最近みさわ児童館の幼児親子の参加者が増え、畑の平均年齢がぐっと若くなりました! 農園では、どろんこになったりずぶ濡れになったりして、土や草や水や生きものたちと思いきり触れあってほしいと思います。 人間も、自然という生態系に組み込まれた「生きもの」にすぎません。 考える力よりも感受性が優先される7歳頃までに、自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能測定

9/8(木)、放射能測定用の畑の土と野菜を約500gずつ採取しました。 8/9付新聞で、近隣の町田市の剪定枝チップ堆肥から、暫定基準値400ベクレル/kgを超える580の放射能が検出されたと報じられ、せせらぎ農園の腐葉土や土に対する不安の声が聞かれるようになったのがきっかけです。 さっそく日野市環境保全課に問い合わせて放射能測定を依…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八王子市職員の見学

7/26(火)、八王子市のごみ減量対策課と施設課の職員9名が見学に来られました。八王子市では、今年10月より約200世帯を対象に生ごみ回収実験を開始するそうで、生ごみ回収の様子から畑に入れてシートをかけるまで約2時間、熱心に見学されていました。回収途中では、各家庭のバケツのフタを開けて、臭いや分別状況も確認されましたが、抗酸化バケツの中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックラズベリーと野菜の生育状況

7/21(木)に収穫した、キュウリとミニトマトとブラックラズベリー。トゲのないブラックラズベリーの実は、トゲのあるブラックベリーより半月ほど遅れての初収穫となりました。甘酸っぱくておいしい~~! 里いもがすくすくと大きくなってきています。 キュウリはそろそろ終わりかけですが、「地這いきゅうり」の苗はこれからです。はやく大きく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雨の作業

7/19(火)、雨の中にもかかわらず、いつもどおり生ごみ投入作業を行いました。こんな日でも集まってくれる仲間達に感謝です。ちなみに雨の日は、土が濡れないようにあらかじめブルーシートで覆っておいた場所に生ごみを投入します。そうしないと、水分が多すぎて耕耘機がかけづらく、土の中で生ごみが腐敗してしまうからです。これも経験から学習したものです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大豆の定植

7/1(金)、小麦を収穫した場所に、大豆の定植作業を行いました。土づくりは、生ごみを完熟させる時間がないため、腐葉土と牛ふんを入れました。種まきした大豆は、10日でこんなに大きくなりました。 うね幅80cm、株間40cm間隔で、線を引く人、計って印を付ける人、苗を配る人、印の場所に苗を植え付ける人と、チームワークよく仕事が進みます…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more