堆肥枠第1号の第1回切り返し作業

1/10(木)、昨年8/23より生ごみと落ち葉を投入開始して約4ヶ月半経過した、堆肥枠第1号の濃縮堆肥(11/20に投入終了:約10家族が利用)の様子です。
画像

上の方はまだ落ち葉の形がそのままですが、下の方は土状となっていました。
画像

今日は第1回目の切り返し作業。中身を出して混ぜ合わせ、また堆肥枠に入れ直しました。蓋を開けただけの時は臭いはしませんでしたが、中身を出すと生ごみ臭がしました。
画像

結構臭うので、発酵促進のために米ぬかボカシを1本ふりかけて、耕耘機でよくかき混ぜました。手前が外せるので、結構簡単にかき出して入れ直すことができました。手前が外せるのはやはり便利です。
画像

ちなみに堆肥枠第2号(11/21より投入開始~)にコバエが大量発生していました。原因は以下のことが推察されます。
①お正月の大量の水切りをしていない生ごみが、よくかき混ぜずに塊のまま入れてあったこと。
②上からかける落ち葉が少なめで、一部露出していた生ごみにコバエが卵を産み付けたこと。
③冬期は発酵分解が遅く温度も上がりにくいため、熱によるコバエの発生抑制がきかなかったこと。(夏期の堆肥枠第1号では、コバエの大量発生は見られなかった)
④堆肥枠の蓋を閉めると密閉状態となるため、ハエが好む水分が多めの状態になっていたこと。
これらの原因について、下記のように対処しました。
①②③堆肥枠のフタの上に張り紙をして、利用者に注意するように告知しました。
④堆肥枠の通気性をよくするため、取り外しできる手前の板を1枚外しました。
これでしばらく様子を見てみることにします。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック