サツマイモの定植と市民パワー

5/27(火)、先週雨天のため延期したサツマイモの定植を、みさわ児童館幼児親子約80名と一緒に行いました。
画像

みさわ保育園児も途中から一緒に参加しました。
画像

こちらではメンバーが生ごみ投入作業中。
画像

里芋の草取り作業中。
画像

マリーゴールドなど花の苗の移植も控えています。
画像

児童館の幼児親子のみなさんに、サニーレタスを収穫していただきました。
画像

Rちゃんもお花の水やりをお手伝い。農繁期なので仕事がいっぱいあるのですが、こうして都市住民が手分けして行えば、美しい農園を維持することができます。行政が管理する公園は、維持管理費にお金がかかりますが、市民が楽しみながら運営する農業公園は、そんなにお金はかかりません。
市民の創造性を高め、自主性を高め、食農教育もできるみんなの居場所。そんなコミュニティガーデンが、都市にこそもっと増える必要があると実感しています。
画像

そうそう、今日は国立市議会議員3名の見学もありました~。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック